出願資格

  1. 1)入学時において、日本の高等学校卒業以上に相当する学歴を有し、12年以上の学校教育を修了している者
  2. 2)日本語学習を150時間以上修了した者

入学までの流れ

2年コースの入学時期は毎年4月です。
1年9カ月コースの入学時期は毎年7月です。
1年6カ月コースの入学時期は毎年10月です。
1年3カ月コースの入学時期は毎年1月です。

コースによって多少の差はありますが、入学までのおおよその流れは次の通りです。
※具体的な期間、時期は、日本国法務省東京入国管理局の在留資格認定証明書交付申請受理期間による。
※出願受付期間中でも、定員に達し次第、募集を終了します。あらかじめご了承ください。

必要書類

入学希望者の国によって提出する書類が少し違います。当学院にお問い合わせください。

入学希望者本人が準備する書類


■入学願書   書類ダウンロード
入学希望者、または経費支弁者が記入してください。

■履歴書    書類ダウンロード
・学歴は小学校から最終学歴まで西暦で記入してください。
・出入国歴はすべての出入国時を記入してください。
・就学理由書の欄には、来日の動機、目的、帰国後の予定などを記入してください。

■最終学歴校の卒業証書及び成績証明書等
・原本を提出してください。卒業証書は後日返却します。
・現在在学中の入学希望者については、在学している学校の在学証明書も提出してください。
・職歴のある入学希望者又は現在在職中の入学希望者については、在職証明書も提出してください。
(・大学入学統一試験(高考)受験者については、その得点が記載された認証書も提出してください。)

■写真
・7枚送ってください
・縦4cm× 横3cm の大きさで、6か月以内に撮影されたものに限ります。
・裏に氏名を書いてください。

■日本語学習歴を証明する書類
・入学日、修了日、授業時間総数(150時間以上)、成績、使用教材等の記載のある日本語教育機関が発行する証明書に限ります。
(日本語能力試験N5以上若しくはそれに相当する日本語能力を有することを証明する試験(J-TEST等)の受験者又は合格者については、その試験の成績証明書又は合格通知書)

■身分証明書(コピー)
入学希望者の母国の政府が発行している身分証明書がある場合は、そのコピー(表と裏)を提出してください。

■パスポートのコピー
日本に入国歴がある入学希望者の場合は、氏名、住所、有効期間、出入国日時等が記載されているページのコピーを提出してください。

■その他入国管理局が求める書類

経費支弁者が準備する書類

日本に居住する経費支弁者( 在日支弁者) が、入学希望者の学費、生活費等を負担する場合、提出する書類が少し違います。当学院にお問い合わせください。


■経費支弁書   書類ダウンロード
東京国際朝日学院所定の用紙に経費支弁者が直筆で記入して、記名捺印してください。

■経費支弁者の預金残高証明書
・預金通帳(コピー)又は銀行の預金口座の残高証明書(日本円300万相当以上)
※ネパールの場合は、出入金明細書(過去3 年分)もつけてください。
※中国の場合は、存単コピー(鮮明なもの)もつけてください。

■経費支弁者と本人の関係を証明する書類
・戸籍謄本/家族の戸口簿のコピー
・家族関係確認証明書(原本)

■経費支弁者の在職証明書、収入証明書、納税証明書、営業許可書のコピー
・在職証明書については、雇用期間、職種が明記されているものに限ります
・さらに、在職証明書には、雇用先の名称・所在地・電話番号・会社印・発行者名・発行者サインがあるものに限ります
・収入証明書及び納税証明書については、直近3年の収入が具体的にわかるもの。税金を支払ったことがわかるものに限ります
・経費支弁者の会社の事業登録証明書(経営登録番号・納税番号がわかる書類)
・支弁者が個人経営者である場合、営業許可書等

■身分証明書(コピー)
入学希望者の母国の政府が発行している身分証明書がある場合は、そのコピー(表と裏)を提出してください。
■パスポートのコピー
日本に入国歴がある入学希望者の場合は、氏名、住所、有効期間、出入国日時等が記載されているページのコピーを提出してください。

■その他入国管理局が求める書類

提出書類に関する注意事項


・出願書類は、入管申請の時点で、発行日から6か月以内とします。
・提出書類には、日本語の翻訳をつけてください。当学院でも翻訳できますが、その場合には、翻訳料をいただきます。
・提出書類の内容により、さらに書類の提出を求めることがあります。
・訂正箇所には修正液などを使わず、二重線で訂正した後に訂正印を押してください。
・万が一提出された書類の中に、虚偽の記載又は偽造されたものがあった場合は、入学選考の対象から直ちに除外します。その場合、再申請は受け付けません。